大阪 東淀川区の坂本産婦人科婦人科のご案内

診療時間について
妊婦さんのためのコラム 坂本産婦人科クリニックモバイル

大阪 東淀川区の坂本産婦人科診療内容

坂本産婦人科クリニックでは、産前・産後共に女性の体を見守るために、婦人科にも力を入れて診療しています。少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

婦人科一般診察

不正性器出血、月経異常、下腹部痛、帯下(おりもの)、外陰部かゆみ等、一般的な婦人科疾患症状など様々な疾患や、症状を診察しています。

子宮がん(癌)検診

検診のための診療はほんの数分。検査後1週間〜10日ほどで結果が出ます。

定期的に検診を受けて細胞診を行えば、がん(癌)になる前の段階で診断することができます。
患者様の状態に合わせて、診察をしています。

更年期障害/ホルモン補充療法

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。ホルモン補充療法を中心に、子宮がん(癌)検診、高脂血症、動脈硬化などの検査を定期的に行っています。

不妊症の検査と治療

メンタル面のケアはもちろん、超音波で卵胞の育ち具合を見ながら、患者様にあった治療内容をご紹介いたします。

避妊相談

経口避妊薬(ピル)や避妊リングによる避妊方法をお勧めしています。
体調や合併症の有無により、患者さまにとっていちばん適した方法を選びます。

母体保護手術(人工妊娠中絶手術)

母体保護手術が法的に認められているのは21週6日までとなっており、坂本産婦人科クリニックでは11週6日までです。

妊娠週数が進むと母体への負担も増えますので、出産できない妊娠であれば出来るだけ早く相談に来院してください。

ページの先頭へ